お金の不安はFPが解消、お金を増やすのは貴方!FP野村事務所 FP野村事務所 076-242-4210 п@ 076‐242‐4210
 事務所情報
 サイトマップ
      

家計トップ>>資産運用>>株式

株式

株式チャート

 「投資」と呼ばれる金融商品で有名なものといえば、株式です。
 資産運用上活用される株式は証券会社を経由した取引が殆んどで、通常、売買益が出た場合に源泉徴収される特定口座にしておけば申告もあまり手間がかからないものとなっています。
 2014年からは日本版ISA(少額投資非課税口座)も始まり非課税枠が増え、投資方法を理解すれば資産形成に役立津有効な手段となります。

 預貯金や債券よりも収益は出ますが損失を被る時もあり、何も知らないまま自己流でやるのは危険です。   


 株式投資をライフプランの有力な武器にするために、何をすればいいのでしょう? 

 

運用できる株式投資にするために

 株式を運用できるようにするにはいくつかのことを理解する必要があります。

A ファンダメンタルズとテクニカル

 ファンダメンタルズとは、企業の財務情報や新聞などで公表される業界の情報を基に将来を推測し投資をする方法で、テクニカルとは、過去のデータが蓄積されたチャートの動きから株価の動きを推測して投資する方法ですが、どちらかに偏ると思うように運用できなくなります。

 株価は企業の将来価値に期待をして値がつき、「だいたい、おおよそ」の値段になるので、ファンダメンタルズとテクニカルを合わせて買われ過ぎだと参加者の大部分が思えば業績がそこそこ良くても下がり、一方で思いがけない企業が突然急騰したりもします。 

 このような現状知らないまま、株を資産運用の対象に入れるのは「危険」ですよね?
 株式での資産運用は株式の性質を理解して買うことが必要です。
 よく中長期投資と言われますが、将来業績が伸びる可能性のある企業に適当な期間で投資しなければ運用はうまくいきません。 

A 配当の活用

 株式には「配当」というものがあります。
 株式を発行する会社の方で支払時期は決められていますが、利益を分配するものです。
 ただ売買するだけでなく、保有して配当金を受け取ることもできます。

外国株式

A 日本株とどこが違う?

 国が違えば言語は違う事がまず思い浮かびますが、株の売買システム、会計のシステムも若干違います。
 しかし、日本企業やその国の政府関連の仕事をしている企業もあり、日本の企業よりも配当が良かったりすることもあります。

A どこの地域を選ぶ?

 外国株を購入しようと地域を眺めていると、先進国、新興国といった表現をよく見かけます。
 日本で触れることができるのはあくまでも商品説明の文字とその地域の一部の映像だけです。

 時には英字のデータを見なければならない、とか遠い国なのでなかなか様子がわからないといったこともあります。

参考サイト

 investwalker
 東洋経済web 『会社四季報』を出版している会社です。




 ご相談、プランニングは

 お問い合わせページへ



 

Google
WWW を検索 kakei-ansin.comを検索


このホームページの全ての文章の文責及び著作権はFP野村事務所に帰属します。
Copyright(C)2008-2017,FP Nomura Office All Rights Reserved.

 



資産運用
資産運用ホーム
安全な資産
外貨
株式
投資信託
証拠金取引
年金・保険
年金・保険ホーム
公的年金
医療の保険
老後の保険
老後の対策
住まい
住まいホーム
住宅購入の前に
住宅ローン返済
住まいの対策
暮らし
暮らしホーム
節約生活
教育費用
車(カーライフ)
菜園生活
事業者向け
 事業者向けホ−ム
売上・資金繰り
経費対策
起業
事業者向けお問合せ
景気
景気ホーム
景気指標
物価
目減り

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索




お問い合わせ等
お問い合わせ
FAQ よくある質問
相談時の禁止事項
リンクポリシー
個人情報保護方針
特定商取引表示
反社会的勢力への方針
お役立ち
お役立ちホーム
失業したら
金融緩和政策
防犯対策
TPP
国債
NISA口座
生命保険料控除

★FP活用ブログ★
ファイナンシャルプランナー活用ガイド

★お金のアンケート★
お金のアンケート