FP野村事務所 076-242-4210 п@ 076‐242‐4210
 事務所情報
 サイトマップ
      

家計トップ>>住まい>>住まいの対策

住まいの対策

住宅購入時

A 家の価値

 家を持つからには長く幸せに住みたいものです。
 何を基準に選んでいけば良いでしょう?
 まず、住む地域や家族との時間の共有に価値を感じる必要があります。
 土地、地盤が良いこと、崖を切り開いたり埋めたりした場所では災害の時には危険です。
 災害によって損傷、滅失する危険等、家の価値は引き渡しがされた時点から刻々と減価します。
 最近の家はできた材料で作るので骨組みはあっという間に出来上がり、断熱ボードと接着剤などが貼られ、新築して10年間ぐらいいわゆるシックハウス症候群になる危険もあったりします。
 一方で、10年経てば住宅ローン控除もなくなり、15年もすれば時価価値もほとんどなくなります。
 保有する時は 不動産取得税、保有すれば固定資産税がかかり、家族が年を取って介護が必要になればバリアフリー化するためのリフォーム費用の検討も必要です。
 ステータスの色分けの道具として持ち家であるか貸家であるかにこだわるのはナンセンスだとおわかりいただけるのではないでしょうか?
 購入前には「家を購入して得るものは何なのか?」を考えてからのご購入が後悔をなくします。

リフォーム

A バリアフリー

 住宅ローンを払い終える年令になると家族に介護の必要が生じ、家の中で不便を減らすためにバリアフリーにするためにリフォームローンを組む場合があります。
 

A 太陽光発電など補助金の出るもの

 エコエネルギーが推奨され、太陽光発電の設備をつける家には役所から補助金が導入されるようになりました。


住んでからわかる事

A 手狭になった、売却?賃貸?

 住宅ローンを組んだ家も子供の成長とともに手狭になり、もう一軒家を持つケースがありまです。
 そんな時は使わなくなる家を売るのか?貸すのか?何を基準で選べばよいのでしょう? 



 ご相談、プランニングは

 お問い合わせページへ



Google
WWW を検索 kakei-ansin.comを検索





このホームページの全ての文章の文責及び著作権はFP野村事務所に帰属します。
Copyright(C)2008-2018,FP Nomura Office All Rights Reserved.

 



資産運用
資産運用ホーム
安全な資産
外貨
株式
投資信託
証拠金取引
年金・保険
年金・保険ホーム
公的年金
医療の保険
老後の保険
老後の対策
住まい
住まいホーム
住宅購入の前に
住宅ローン返済
住まいの対策
暮らし
暮らしホーム
節約生活
教育費用
車(カーライフ)
菜園生活
事業者向け
 事業者向けホ−ム
売上・資金繰り
経費対策
起業
事業者向けお問合せ
景気
景気ホーム
景気指標
物価
目減り

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索




お問い合わせ等
お問い合わせ
FAQ よくある質問
相談時の禁止事項
リンクポリシー
個人情報保護方針
特定商取引表示
反社会的勢力への方針
お役立ち
お役立ちホーム
失業したら
金融緩和政策
防犯対策
TPP
国債
NISA口座
生命保険料控除

★FP活用ブログ★
ファイナンシャルプランナー活用ガイド

★お金のアンケート★
お金のアンケート