FP野村事務所 076-242-4210 п@ 076‐242‐4210
 事務所情報
 サイトマップ
      

家計トップ>>お問い合わせ>>反社会的勢力への方針

反社会的勢力への方針

反社会的勢力は排除します

 当FP事務所では反社会的勢力の排除を実施しております。 

A 反社会的勢力の実態

 反社会的勢力という言葉は、平成21年に「暴力団排除条例」が設けられてから使われるようになりましたが、実際に条例は機能していないため、社会の私物化が起きています。
 それは間接的に指示を出しているのを何人もの人間を使い、ハッキリと誰が首謀者で犯罪をしているのかわからないようにして行政の対応ができないでいるためです。
 反社会的勢力の多くは子供の頃から勉強が大嫌いで、努力することなく誰かをこき使って金持ちになり、他人に嫌がらせをして偉いように見せかけたい。
 反社会的勢力とは、このような呆れた人間の集まりです。
 幼児期から十分な躾がなされていない人間が多いために知力と表現力が足りないため、自立して行動する能力がなく、集団で脅しにかかりますが、怖がってくれないと困り始めます。
 中には当事務所所長の私を見ただけで手が震え出したり、泣き叫び出した暴力団関係者もいました。

 実際にするのはストーカーと通りすがりに一言悪口を言って逃げることぐらいですが、政治、行政、企業等は自宅の玄関に飲みさしのコーヒー缶を毎日置かれるだけで怖がる人間が多いので、彼らに味方して世の中が私物化され、一向に好転しないのが実情です。

反社会的勢力の手口

 単純にイメージしやすい脅しは使うことがありません。
 @親しげに接近を図る
 Aマスコミ、口コミをを使って誰か特定できないように不利な悪い評判作りをする

A 接近を図る

 反社会的勢力はいきなり脅しには来ません。
 昔から興業でつながりがあると言われる芸能人、有名人等と催しもの会場で関係を持っているため、その会場等で目を付けた人間にテレビ、ブログ等を使って自分の事を言っているかのように話して意識させ、仲が良い感じになると、別方向から今まで取引のない系列の会社を使ってセールスを仕掛けて来ます。(※1)
  マスコミとして取材依頼にいきなり希望もしていないのに自宅や事務所等に来ようとします。
 このように外堀から埋める形で囲い込む相手を調べて行くのです。
 調べてカモだと思ったらペナルティーを作り、こちら側が悪い事にしてはめ込み開始です。
 この段階になるまで脅しはしません。
 非のない人間には「自分の胸に聞いてみろ」、言われるとたいていの人が考え込むこの言葉をよく使います。
 また、抵抗されにくくするために主婦や学生、幼児に「悪い人」、「変な人」と吹き込んで逃げるように指示を出し、いかにも世界中が自分を嫌っているかと思い込ませるつまらない仕掛けをします。
 今まで何も問題なく生きてきて突然そんなこと起きるなんてありえないのにそういう事を信じると思い込むカルト的の妄想、呆れてしまいますよね?

 反社会的勢力は犯罪はばれなければ良いという考え方なので、暴力団とは関係のない人間でも臨時収入であるかのように募集をかけ、特徴等を教えて当事務所にも客であるかのようにやって来てクレーム騒ぎを起こしますが、業務妨害罪ですのでくれぐれも見知らぬ人の頼みには乗らないようにして下さい。

 反社会勢力は世の中の現状に不満を持ち、自分達の手を汚さないで「手垢の汚れてない」人間から意のままに動く人間を作り出そうとこのようにストーカーと周囲への誹謗中傷を繰り返して、「自然発生的に」出現させるために業務妨害を続けて生活を窮地に追い込み、世の中に政治活動やデモなどの行動を起こさせようとします。

※1
 芸能人、有名人等は知らないか、知っていても脅されて黙らされていたりします。
 当事務所所長の所に突然降って湧いて来たようなストーカー芸人は暴力団関係者トップと交際までしていましたが、テレビから聞いてきたことは「何人と付き合った?調べればわかるんやで」とまったくモテなかった人間らしい質問でした。

当事務所への接近 

 ある芸人とその所属芸能プロをきっかけに当事務所にも反社会勢力がしつこくすり寄ってくるのですが、その方法が珍奇で子供のいたずらのような事ばかりします。(例 当事務所ブログ ネットの異常アクセス)
 それは犯罪と判定されにくくするための行為で、実際には一連の行為で恐喝、営業妨害、プライバシーの侵害をしてきました。 事業者へ囲い込みを行う場合は不景気を利用し、売り上げ不振で経営を成り立たせなくするために、自分達が過去に言われると避けられた言葉、「中卒」、「○○人」、「カルト信者」、「ヤクザだ、刺青が入っている」等の当方と全く関係のない悪評を流して近づかないように呼びかけたり、客になりすましてクレーム騒ぎを起こそうとしたりもしました。

A 悪い評判を作る

 反社会的勢力の多くは学生の頃から勉強が嫌いで、学歴やブランドに異常な執着を示します。
 自分達では何もできないから狙った人間に目を付け、事実無根な情報で評判を下げることで相手を怒らせ、かまってもらえると確認すると、次の段階に進み、自分達の非現実的な妄想を押し付けやってもらおうと信じ込むようにネットの偏向宣伝、週刊誌の創作記事、巨大掲示板への組織的投稿による情報操作など不特定多数の人間を使い、普通に人が聞けば信じられない事をわざとやって狙った人が他の人に話をしてもをおかしな人間に思われるよう行動し、毎日嫌がらせと同時に願望を吹きこみ続けます。
  正にカルトです。

反社会的勢力が一向に排除されない理由

 反社会的勢力は条例では暴力団のみが指定されており、彼らの家族には条例の対象外、つまり暴力団の所属から離れた知り合い、仲間が別団体、闇サイト等を使えば条例が無力化されてしまう事にあります。


暴力団排除条例と反社会的勢力の関係図

ピンクの部分は反社会勢力の犯罪と考えて下さい。
暴力団排除条例を設けても暴力団の所属を外れて他のところから犯罪をすると暴力団が犯罪の一部に絡んでいても条例が適用されていない。

東京を拠点とした犯罪

A 芸能人を絡めた犯罪

 何かをやろうとしてわからない事があると人に頼ることはありますが、知らない人に自分達のわからない事やできない事を教えさせたり、やらせようとして組織的にストーカーや業務妨害をして気付かせ、テレビからもストーカーをした人間達と同じ事を話題にして語りかけてくる芸能人集団がいます。
 彼等は隣保館のある地域や怪しい団体と絡んでいたり、何をして良いのかわかってない政治家ともつながっていて業務妨害をし続ければ立ちあがって自分達の味方に加わるというあり得もしない妄想を押しつけてきます。
 最近ではあまり売れてない芸能人が「ブログを見て欲しい」といった事から始まり、ブログで商品を広告する、オークションに誘う、だましてその気にさせたらドラマに出演が決まる、金がもらえる等のニンジンをぶら下げられ、犯罪に加担する迷惑な芸能人が増えています。
 関わらないようにしましょう。    

A マスコミから

 主にテレビドラマの役柄の設定(出身地、経歴、職業等)に本人に似たものを入れて流行らせようとします(「坂本竜馬」、最近では「倍返し」。)
 反社会的勢力はこのドラマのストーリーのようになる事を願っていると言いたげなのですが、あまりにもバカらしい子供のいたずら、相手にしないのが賢明です。  

反社会的勢力の弱点

 「反社会的勢力の実態」のところで書いたように子供の頃から勉強が大嫌いなので、自立して世の中を生きて行くための能力はほぼ皆無です。
 自分が自慢して頂点に立つと勘違いをしているため、人間関係は同類の犯罪者ばかり偏り、集団化するため、一般常識とはかけ離れた妄想の世界が存在し、実現しないとその怒りが集団での脅し、犯罪という形で現れます。
 
 拉致(さらう)、不特定多数での囲い込み等いきなりされると恐怖を抱く行動をして言いなりにして実現しようとしますが、上から命令されたマニュアル通りの対応ができなくなると逃げ出すようになっています。
 また上層部も困難への対処能力がないので同じように逃げ出してしまいます。
 
 彼等は素性が明らかになり、世間にさらされる事を極端に嫌います。 


反社会的勢力が野放しにされる原因は政治家 

 政治家はバブル崩壊期の頃政策を作れる能力がないことがわかり、多くの票を失いました。
 しかしこれを自分達の能力不足と真摯に受け止める事もなく、宗教団体票の獲得に走りました。
 これで政治は宗教団体の思うがままです。

呆れた政治家 日本は大丈夫?

 政治家の仕事は選挙で国民に政策を訴え、国会で立法し、政策を実現するという仕事があるはずですが、政策を作るには将来日本社会をどうするのか?といった考え方が必要なのは言うまでもなく、政策が毎年の予算に合ったものでないと実行不可能です。
 当然この事を理解している人が国会議員や政権を担当する閣僚である必要がありますが、実際には政策等は丸投げすることが常で、国会議員でありながら政策立案能力がないためにこっそりと当ホームページ内容を無断で使用、自分で考えたと言い張り、政治家達は当ホームページ記載内容以上の政策実現について踏み込む気配がまったくなく、議員としてどうなのだろうか?と疑問を感じずには居られません。

A 勉強不足の政治家

 最近の政治家は驚く事に世間を知らないまま政治に携わっているため一般常識も危ないほどで専門知識に至ってはもちろんありません。
 あろうことか、反社会的勢力の一員の業界とつながっているためにそこから当事務所所長の存在をストーカーに関わる芸能人を通じて知り、メディア媒体から国家運営について意見を求めるようになるのですが、不景気に増税しようとする等、能力的に酷い有様だったので2、3適切な事を書いてメールした事はありますが、彼らが実行すると書いた事と違うおかしな方向へ進みました。

 当事務所ホームページの盗用対策用文言を盗用して文言を変えれば自分のものだと主張して、その政策が行き詰まってしまう例もあり、いまだに当事務所ホームページやブログ他、発したコメントをチェックして抜き取れば政治家の職務を遂行できるものと勘違いして、あり得ない方向へ世の中を進めています。

A 盗用例

 2013年11月7日、前政権元財務相 G20で「財政健全化と経済成長は車の両輪。二者択一ではない」

 2013年12月18日、アベノミクス三本の矢、「財政政策」と「金融政策」と「設備投資」

 これは当事務所ホームページ内物価ページ、に「金融政策と財政政策がかみ合った上で経済が成り立っている」と書かれているものを文言を変えて表現しているものですが、当ホームページではここから先は家計相談等に必要がないので書いておりません。
 このページの作成は2012年3月であり、金融政策と財政政策の話については、過去の好況時の基本的な話を書いたものであり、現実には日本はいまだに実質ゼロ金利の状態で、当事務所ホームページで「財政政策」と「金融政策」を組み合わせることを書くまで、政治家からも「もう財政健全化と景気回復をさせるのは無理だ」といった話が出るくらいでした。
 「財政政策」と「金融政策」が上手く行くには現実と理論が合致しなければならず、現在の環境は理論に合致しているものではありません。
 それにもかかわらず当事務所ホームページの内容を使うことは何を意味しているのか?を考えただけでも怖いですよね。
 最近1年の当事務所ホームページへのアクセスは事務所近辺以外では東京23区内山手線周辺からのアクセスが突出しており、その結果として政治家達が自分がデフレ脱出の旗振り役となり歴史に名を残すことに心を奪われ、当事務所ページの内容盗用を思いついたのでしょうけれど、3〜4つ程度の単語を並べただけで経済が上手く回るはずがありません。

 当事務所代表に対して通りがかりに言いがかりをつけて行く奇妙な集団によるストーカーにより、業務妨害をこちらにわからないように間接的に行い、事業継続ができなくなり、世の中に怒り、選挙に出てくるといった妄想をして、その実現をすれば自分達の知恵袋としてタダで利用できると大掛かりな仕掛けを施している身勝手な人達の無断使用なんてことは言語道断です。
 
 カンニングできなければこの程度の政策です。

女性活用が成長戦略の中核

 4月19日にようやく当事務所ホームページと関係のない政策を発表しましたが、今までの日本経済は人手不足であったと考えているのでしょうか?
 経済成長の政策ではなく、女性の社会進出援助の政策と考えられます。
 さらに『3本の矢』は以下のように変わっています。
 1本目 大胆な金融緩和→資金を潤沢に市場に流し込み
 2本目 機動的な財政政策→資金を成長分野に振り向ける
 3本目 民間投資を喚起する成長戦略→女性の雇用 

 2013年5月16日の発言等から女性活用については以後1度触れましたがまだ実用的な政策となっていません。 
脚注
※1
 現在ではGoogleのクローラーによる異常アクセスに変更
※2
 芸能人にして有名にした後、選挙に立候補させれば自分達が考えなくても知恵が手に入り、一生利用できるという聞けば呆れるばかりの一方的な妄想、願望の押しつけ。
 そのためにはこちらが自然発生的に彼らの前に現れないといけないというこだわりがあり、彼等は気付かれないように周囲に悪評を振りまき、ストーカーをして警察も対応しなければ仕事ができなくなって世の中を変えようと出てくるに違いないと考えている勝手に人権侵害をして他人の人生を狂わそうとする異常集団です。
 異常集団とは関わらない事が大切です。


 また、事務所代表は2009年に何もできない政権のために失業者と犯罪者を増やさぬよう、政治、芸能絡みのストーカー被害の事実追求を兼ねて当時の与党にメールを送ったのですが、4年経ってメールの内容を自分が考えたと言い張る政権誕生、他人の褌(ふんどし)を借りて自分の手柄という事にして歴史に名を残そうという何とも浅はかな魂胆で実行するためデフレを脱するために始めた金融緩和を打ち消す消費税増税を決定、間違いを修正せず意地を張って実行し続けてどうする気なのでしょう?
 世間に政治不信が蔓延するのは当然のことと感じました。
 このサイトはあくまでも家計の現実と向き合う家庭のためのサイトであって、政治、政策用情報提供無料サイトではありません。

 政治家のやるべきことは一個人を狙った業務妨害やカンニングではなく、国民の役に立つために自らが勉強して実行する事であるはずですが、いつになったら本来あるべき姿を理解するのでしょうか?
 当事務所は無断で盗用するのはもちろん許可していませんし、盗用の元をたどれば彼らの票固めから起きており、当事務所を事件に巻き込んだことへの責任を取るようには促してはいますが、このような人達と個人的に関わる事はありません。    
  ご相談、プランニングは

 お問い合わせページへ

Google
WWW を検索 kakei-ansin.comを検索


このホームページの全ての文章の文責及び著作権はFP野村事務所に帰属します。
Copyright(C)2008-2018,FP Nomura Office All Rights Reserved.
 



資産運用
資産運用ホーム
安全な資産
外貨
株式
投資信託
証拠金取引
年金・保険
年金・保険ホーム
公的年金
医療の保険
老後の保険
老後の対策
住まい
住まいホーム
住宅購入の前に
住宅ローン返済
住まいの対策
暮らし
暮らしホーム
節約生活
教育費用
車(カーライフ)
菜園生活
事業者向け
 事業者向けホ−ム
売上・資金繰り
経費対策
起業
事業者向けお問合せ
景気
景気ホーム
景気指標
物価
目減り

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索




お問い合わせ等
お問い合わせ
FAQ よくある質問
相談時の禁止事項
リンクポリシー
個人情報保護方針
特定商取引表示
反社会的勢力への方針
お役立ち
お役立ちホーム
失業したら
金融緩和政策
防犯対策
TPP
国債
NISA口座
生命保険料控除

★FP活用ブログ★
ファイナンシャルプランナー活用ガイド

★お金のアンケート★
お金のアンケート