FP野村事務所 076-242-4210 п@ 076‐242‐4210
 事務所情報
 サイトマップ
      

家計トップ>>お役立ち>>生命保険料控除

生命保険料控除

 確定申告に向けての所得税及び住民税の民間保険会社へ払った保険料控除額について。

ここがポイント

  この制度が所得税の計算上適用されるのは、2012年1月以降の契約成立分からであり、すでに契約してしまっている保険には、今までの保険料は今までどおりの計算により所得控除がされます。
 住民税については控除総額はそのままです。
 旧契約と新契約を合算する場合は総保険料控除額は新契約の分類による限度額になります。

2011年までに契約したものの控除

A 所得税

 一般生命保険と個人年金保険の支払った保険料、最高で合わせて10万円所得金額から控除できます。

一般生命保険の控除

 保険料のうち下記に該当する年間保険料の金額が所得金額から控除されます。
 
年間払込保険料 所得金額から控除される金額
25,000円以下 支払保険料全額
25,000円超50,000円まで 12,500円+支払保険料×2分の1
50,000円超100,000円まで 25,000円+支払保険料×4分の1
100,000円超 一律 50,000円

個人年金保険の控除

年間払込保険料 所得金額から控除される金額
25,000円以下 支払保険料全額
25,000円超50,000円まで 12,500円+支払保険料×2分の1
50,000円超100,000円まで 25,000円+支払保険料×4分の1
100,000円超 一律 50,000円

A 住民税

 一般生命保険と個人年金保険の支払った保険料、最高で合わせて7万円が所得金額から控除できます。

一般生命保険の控除

 保険料のうち下記に該当する年間保険料の金額が所得金額から控除されます。
 
年間払込保険料 所得金額から控除される金額
15,000円以下 支払保険料全額
15,000円超40,000円まで 7,500円+支払保険料×2分の1
40,000円超70,000円まで 17,500円+支払保険料×4分の1
70,000円超 一律 35,000円

個人年金保険の控除

年間払込保険料 所得金額から控除される金額
15,000円以下 支払保険料全額
15,000円超40,000円まで 7,500円+支払保険料×2分の1
40,000円超70,000円まで 17,500円+支払保険料×4分の1
70,000円超 一律 35,000円

2012年以降に契約したものの控除

 一般生命保険、個人年金保険の他に新たに介護医療保険にも控除枠ができ、それぞれの控除の最高限度が4万円、合計12万円が所得金額から引かれることになりました。 

A 所得税

 2012年(平成24年)1月1日契約分から生命保険料控除の項目が1つ増え、総控除額が10万円から12万円になりました。

一般生命保険の控除

 保険料のうち下記に該当する年間保険料の金額が所得金額から控除されます。
 
年間払込保険料 所得金額から控除される金額
20,000円以下 支払保険料全額
20,000円超40,000円まで 10,000円+支払保険料×2分の1
40,000円超80,000円まで 20,000円+支払保険料×4分の1
80,000円超 一律 40,000円

個人年金保険の控除

年間払込保険料 所得金額から控除される金額
20,000円以下 支払保険料全額
20,000円超40,000円まで 10,000円+支払保険料×2分の1
40,000円超80,000円まで 20,000円+支払保険料×4分の1
80,000円超 一律 40,000円

介護保険の控除

 ここに掲載する介護保険は40歳から加入する公的な介護保険の補完的な補償を受けるために民間生損保会社が出している商品に支払った保険料をいいます。

年間払込保険料 所得金額から控除される金額
20,000円以下 支払保険料全額
20,000円超40,000円まで 10,000円+支払保険料×2分の1
40,000円超80,000円まで 20,000円+支払保険料×4分の1
80,000円超 一律 40,000円

A 住民税

 平成24年1月契約分から生命保険料控除の項目が1つ増えましたが、総控除額が7万円はそのままです。

一般生命保険の控除

 保険料のうち下記に該当する年間保険料の金額が所得金額から控除されます。
 
年間払込保険料 所得金額から控除される金額
12,000円以下 支払保険料全額
12,000円超32,000円まで 6,000円+支払保険料×2分の1
32,000円超56,000円まで 14,000円+支払保険料×4分の1
80,000円超 一律 28,000円

個人年金保険の控除

年間払込保険料 所得金額から控除される金額
12,000円以下 支払保険料全額
12,000円超32,000円まで 6,000円+支払保険料×2分の1
32,000円超56,000円まで 14,000円+支払保険料×4分の1
80,000円超 一律 28,000円

介護保険の控除

 ここに挙げる介護保険は所得税同様、40歳から加入する公的な介護保険の補完的な補償を受けるために民間生損保会社が出している者に対して支払った保険料をいいます。

年間払込保険料 所得金額から控除される金額
12,000円以下 支払保険料全額
12,000円超32,000円まで 6,000円+支払保険料×2分の1
32,000円超56,000円まで 14,000円+支払保険料×4分の1
80,000円超 一律 28,000円
 



 ご相談、プランニングは

 お問い合わせページへ

Google
WWW を検索 kakei-ansin.comを検索


このホームページの全ての文章の文責及び著作権はFP野村事務所に帰属します。
Copyright(C)2008-2018,FP Nomura Office All Rights Reserved.
 



資産運用
資産運用ホーム
安全な資産
外貨
株式
投資信託
証拠金取引
住まい
住まいホーム
住宅購入の前に
住宅ローン返済
住まいの対策
年金・保険
年金・保険ホーム
公的年金
医療の保険
老後の保険
老後の対策
暮らし
暮らしホーム
節約生活
教育費用
車(カーライフ)
菜園生活
事業者向け
事業者ホーム
売上・資金繰り
経費対策
起業
事業者向けお問合せ
景気
景気ホーム
景気指標
物価
目減り

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索




お問い合わせ等
お問い合わせ
FAQ よくある質問
相談時の禁止事項
リンクポリシー
個人情報保護方針
特定商取引表示
反社会的勢力への方針
お役立ち
お役立ちホーム
失業したら
金融緩和政策
防犯対策
TPP
国債
NISA口座
生命保険料控除

★FP活用ブログ★
ファイナンシャルプランナー活用ガイド

★お金のアンケート★
お金のアンケート